ピート小林 (N. Pete Kobayashi)

 

◎20世紀生まれ。青春の1ページだった駐留軍キャンプの

ハウスボーイ(雑役夫)とウエイター職では苦役に甘んじつゝ

アメリカ英語の洗礼を受ける。青学大を卒業後、90ドルを

懐中に渡米。カリフォルニアにてBrooks Brothersに勤務

しながら、一世を風靡した伝説の「The Ben Jonson」で

バーボーイを緒にして"日本人で初の米国ユニオン公認"の

バーテンダーに上りつめる。またその間、Azusa Pacific 

CollegeとSan Francisco Art Instituteの写真学科で学ぶ。

帰国後は、キャセイ航空のインフライト・インタビュアー、

英会話学校教師などを経て生き馬の目を抜く広告業界へ。

 

◎吹けば飛ぶような会社から、吹けば飛ばされる電通までを流転してフリーランスに。

英会話のインストラクターをしながら、寸時を縫って春は桜前線、夏は甲子園、秋は案山子を

酔狂に追いかけるカメラマンであり、コピーライターであり、バーテンダーでもある。

◎著書に、伝説のベストセラー『アメリカ語トレーニング』(100,000部)、『美人のひと言』

『にっぽんお宝桜撮影行』、『北海道さくら旅』、『カカシバイブル』などがある。

新聞・雑誌などの各種メディア寄稿、テレビ・ラジオ・イベントetcの出演なども多数。

 

★出前英会話クラス承り中!☞petekobayashi@gmail.com

「ワンコインA会話レッスン・Ame語a Merry Go Round!」好評開催中!

「YouTube」で動画が見られます☞https://goo.gl/AZEbly

★ ホームページ・「Pete's Room」http://www.petekobayashi.com

★ ブログ・「Pete's Eye」http://petekobayashi.blogspot.jp/

★ フェイスブック・https://www.facebook.com/petekobayashi

「ピート小林のマナー英会話」とは・・・

 

「マナー英会話」と聞くと、礼儀・作法を

わきまえた英会話に思いがちですが、

いわば教科書で扱われるような"マナー"でなく、

相手のココロの琴線に気持ちよく

響いて余韻まで漂う、キラキラした会話!

★ある時は、心遣いがギュッと

つまっていたり、ある時は、相手をさりげなく

立てたり…。そんなレディース指数の

きわめて高い言葉であり、大人らしい

 "トーン&マナー"とでもいうものなのですね。

 

A little language goes a long way.

 (ちょっとしたひと言がモノをいう)