English Lesson 58

For a change

(気分を変えて)

 

 

★何かを「変える」ことについて

日米の受け止め方にはかなりの温度差がある。

「チェンジ」なるカタカナ語のみならず、

Changeだって語感のよさからか、

今まで広く使ってきているのにも拘わらず、

日本では「変化」は好まれず、

継続を美徳として称賛する風潮が根強くある。

★対してアメリカ人、ひいては英語圏では、

日々、同じことを繰り返したり、

ひとつのモノゴトに執着し続けるのは

ツマラナイ人間として見下すフシさえもある。

“Change”(変化)をポジティブにとらえる

アメリカ人には“気分転換”はお手のもの。

部屋の佇まいから、行きつけの店・

メンバーまで、マンネリ感が少しでも漂えば、

For a change”と言って、日常のルーティンの

硬直化をさけて風向きを変えていく。

★人生なんて、自分の思うようにはならないもの

だから、せめて自分がコントロール

出来る範囲ぐらいは、という意識がそこにある。

★同じように親しまれて似ている語に、

Switch”があり、こちらは「取り替える」の意。

“Can we change the shift?”と言えば、

“シフト(全体)を変えてもらえますか?”の意で、

“Can we switch the shift?”と言えば、

“シフトを(誰かと)入れ替えてもらえますか?”

の意となり、意味合いが変化する。

2020.03.35

★「Ame語@自由が丘」大好評スタート!https://amegojiyugaoka.exblog.jp/

★企業・グループ・個人etc「英会話レッスン」承り中!petekobayashi@gmail.com

★ブログ「You live and learn」http://petekobayashi.blogspot.jp/

★Facebookのページはこちらhttps://goo.gl/7BtceT