我が家にも春がやってきた。

 

 

 

     2018.04.26

今回は、愛犬レノンの紹介です。昨年の12月に、犬を飼い始めました。千葉の保護犬シェルターから、生後4ヶ月のオスの仔犬を引き取りました。名前はジョン・レノンからいただいて「レノン」です。

はじめは ”人が怖い”、”外が怖い”。おまけに、部屋のいたるところで、オシッコ&ウンチをし

まくり、もう、それは、それは怒涛のような日々でした。正直、一瞬、飼ってしまったことを後悔したくらいです。そんな子も我が家にやってきて早5ヶ月。すっかり、生まれた時からこの家の子です!的な、天真爛漫ぶりをはっきしてくれています。レノンを飼うようになって、ありがたいことは、外出嫌いの私に毎日散歩の役目ができたことです。春先の散歩は、格別に幸せな気持ちにさせられます。この界隈にこれほどの草花が咲きみだれてことに、昨年までは気づきませんでした。どの小径を歩いていても、「わあ〜、可愛い!」「わ〜、きれい!」と感嘆してばかりです。きっと、毎日、朝からかなりのアルファーハが出ているのではないかと思います。

大げさではなく、なんて地球は美しいんだろう!平凡な土地にこれほどの植物たちを育んでくれているのだから、とあらためてこの地球の生命力の強さに心を震わせずにはいられません。お陽さまの明るい眼差しをうけながら、レノンと草花の可憐さや青葉の眩さを分かちあう。

そして無心に散歩する。至福の時間を私に与えてくれているレノンに感謝。ありがとう。

みなさま、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。