「スリランカで遺跡巡り」

運動不足になりがちな、仕事優先の日々。おまけにジムに行くのも嫌いな私 。代謝アップの為にホットヨガで時折汗を流すも、筋力は衰えがち。せめてお休みはのんびりしながら運動にもなる遺跡巡りで歩く歩く。 エローラ、アジャンタ、アンコールワット、アユタヤ、ボルボドールと休みの度に制覇。

 

今年はスリランカ、聖なる山シーギリアへ。 つい最近26年間続いた内戦が終結。これからツーリズムが花開くであろうこの小国には3カ所の遺跡があり、シーギリアロックはその一つ。 国内線フライトがない上、道路事情も悪く、首都コロンボからたったの160kmだが5時間ほど車にゆられて到着。 宿泊はニラウラヤという25室のコテージがあるブティックホテル。

 

ロケーションは抜群で、自然の中でゆったり過ごせ、孔雀が庭先を歩いていたりする。 コテージの一棟はスパで、リフトアップフェイシャルにトライ。スリランカ人エステティシャンがなかなかの腕前。3000円はお値打ち価格で大満足。

シーギリアロックへは朝の6時到着。なんてったって、午前中でないと暑くて歩いていられない。見上げるロックは200メートル、気が遠くなる高さ。頂上まで階段らしき場所をどんどん登り、3回くらい休憩して、大汗かいて一時間。 やっと、頂上に造られたお城跡に到着した。

もともと仏教聖地だったこの場所、これでご利益なかったら怒るぞと悪態つくも、達成感と見渡す限り360度ジャングルの景色の素晴らしさに満足満足。

この遺跡、は5世紀後半にたった11年間だけ統治した王様が造ったお城。7年かけて造り、独りで暮らした変わり者。水力技術と貯水システムは秀逸、そして何とも美しいデザイン。狂った王は、どこの国でも美しいものに執着するらしい。

ぐったり疲れた午後は、フルーツでビタミンC補給と疲れた筋肉は水泳でほぐして就寝。 気持ちはすっかり代謝アップ。現実的にはいささか不明のバーチャル・アンチエイジングという一日だった。

 

2009.10.29